2009年08月16日

Yes!印鑑

けん坊icon41盆休み無で仕事していまして。icon10
配達途中の渋滞の合間、ふと看板を見てみるとface08・・・
思わず、噴出してしまいました。face02



この記事へのコメント
こりゃ 著作権 問題やな!!

いまから
 
水族館にでもいこうかな・・
Posted by マイケル・ジン at 2009年08月16日 09:54
コメント早!
少しは暇になったみたいですね
稼ぎやジンさん
Posted by けん坊けん坊 at 2009年08月16日 09:56
最高
Posted by りえママ at 2009年08月16日 10:32
これは、ウケル~(^・^)
Posted by ぴっといんノブ at 2009年08月16日 11:01
はじめまして
とうとうこの看板ネタに触れてしまいましたね?
随分前から爆笑して気にはなってたんですが
これ許可取ってなさそうですよねー
ヤバイけど笑える
Posted by ばっくぱっかー at 2009年08月16日 12:49
最近、仕事付けで
ブログのネタに困ってまして・・
でも、仕事中でもネタは落ちているものですね
Posted by けん坊 at 2009年08月16日 16:40
どこにあると? 俺も探そう(??)
Posted by 尚さん at 2009年08月18日 09:06
看板掲げたのは夢に見た柄です
Posted by イエス at 2009年11月05日 11:56
私も、ここで、印鑑買ったんですよ!良い出会いが増えて、もう~イエス印~鑑~って感じです!!結婚も決まって毎日ハッピ~で、もう開運印鑑に感謝です!!ありがとうございました!!みんなも見て貰ったら良いですよ!鑑定士さんも、親身に聞いてくれて、お母さんみたい!キツイ事は言わないし、優しいんですよ~これが!!!是非、試してみる価値有りですよ!!第二の私みたいになりますよ~!!!(笑)
Posted by serarin at 2009年11月05日 20:37
看板の意味をお知らせします。   これは三月に夢を見たのです
世界の全宗教の開祖達が集まり、宗教の解散宣言が行われて、全ての歴史の罪、個人の罪の赦しの儀式が始まったのです。
 それは真の愛の喜びに満ち満ち溢れていた。
、そこでイエス様がオバマに(平和の王の印鑑)を授けた、この時の様子を看板にしました。
その会場は長崎でした。看板を米国の独立記念日に掲げました。その後10月にノウベル平和をもらったのです。
 イエス様が授けた印鑑がノウベル平和賞だったのかな~
そこにはお釈迦様もいた。夢だから成り立つ話だけど夢でないような感じでした。夢の中であれ~これ夢見てるのかな~と思った。
イエス様が十字架の摂理は終わりと宣言すると教会から十字架が消えていた。皆が宗教がなくなる事が世界平和だと喜んだ

私は、そうだ、そうだと夢の中で納得した。それからお釈迦様が印鑑を持って三途の川を渡り極楽浄土に行けると諭した。(印鑑を持ってない人は三途の川を渡るのも大変でした。)(私は思ったあの世でも印鑑が必要なんだと。)みんな極楽浄土の入り口まではこれたが独身者:離婚者は入いれないとお釈迦様が諭した。

そこで結婚の相手探しが始まった。イエス様お釈迦様も結婚して極楽浄土に入った。 男と女は極楽浄土に行く為に結婚するのか~と私は納得した。 二人の結婚相手は在日韓国人:朝鮮人の香りがしました。   この事を世界に知らせる為にイエス印鑑の看板を掲げたのです。
 これは50~100年後かならずそうなります。
 全宗教の解散宣言がなされ宗教がなくなります・貴方の子供や
子孫に語り伝えて下さい。 末 安 長 夫 の夢より  
Posted by イエス印鑑 at 2009年11月07日 21:20
天才的な広告コピーですね
その後ノーベル平和賞を貰いましたので
益々運勢が来ていますね。
末安社長はただ者ではない!
Posted by 幸運堂の客より at 2009年11月16日 11:49
最近の記事で親子の記事が多いですね。
どうしてこの様になったのでしょうね。
以前はこんなでななっかですよね。
私もこの事で悩んでいました。
知人の紹介で印鑑に出会いました。
これを通して道が開けてきました。
是非幸運堂の門を叩いて下さい。
Posted by 幸運堂の知人より at 2009年11月18日 00:16
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
Posted by べえ at 2011年05月20日 10:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。